一生を見据えた家づくりを

両親が家を建てる際、自室の壁紙は自分で選んで良いよと言われ、私はカタログからひとつの壁紙を選んだのですが
サンプルが小さくて部屋全体の雰囲気が想像出来ませんでした。
実際に家が出来た時、私の部屋はトイレの壁紙というか洗面所というか…ちょっと部屋の雰囲気…とはかけ離れた印象の壁紙だったのです。
すごく後悔したのですが、貼り付けた後にとやかく言えませんし、そこから約10年トイレの様な雰囲気の壁紙で過ごしました。
その後悔を忘れることなく、自分が家を建てる際はとことん選び抜きました。
大量のカタログに目を通し、想像力が追いつかない場合はモデルハウスに足を運んで、現物を確認。後悔の無い壁紙にしました。
たかが壁紙されど壁紙です。壁紙で家の中の印象はガラリと変わりますので、慎重に選ぶに越したことは無いと思います。
また、個人的に玄関は広い方がいいなあと思います。
自転車の空気入れや傘にホウキなど、あまり雨ざらしにしたくないものを玄関に置いておくと、結構かさばります。
ある程度の余裕は欲しいかなと思います。

一生を見据えた家づくりを」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。